PLAY

PLAY Department Store

HOME > TOPICS > “PLAY常設コーナーは、コト(体験)を売る。

“PLAY常設コーナーは、コト(体験)を売る。

2018.9.28

CAST JAPANの“PLAYカテゴリーである“PLAY THINKでは、「考える行為」を楽しむモノ・コトを展開しています。海外では学校教育や社会人のビジネス・スキル要請講座などでも教材として使われるボードゲームがその主軸。ボードゲームは、欧米では特にコミュニケーション・ツールとして子どもだけでなく、大人同士でも日常的にプレイされています。その他、小・中学校での学力を高めるための教材であったり、あるいはプログラミング教育、STEAM教育などの重要なアンプラグド教材として使われています。

そんなボードゲームを中心とした体験スペースを常設コーナーとして展開をしています。展開する方向性は2つ。コンシューマー用に店頭配布しているCAST JAPANの2種の”PLAYカタログが、その展開クリエイティブとなります。

ただ商品を並べるのではなく、それぞれの展開で「なぜボードゲームが良いのか?」を読ませるビジュアル展開で説得をする売り場つくりを行い、また体験コーナーはお客さまが自分たちで遊び方を読んで、次から次のゲームを体験したくなるような展開にしています。

  • 読ませる巨大な壁面看板@蔦屋書店

  • 実際にボードゲームを貼り付けて魅力的に興味喚起

  • プレイコーナーでは遊び方をわかりやすく解説@新宿伊勢丹

  • お片づけまでして頂くようなテーブル・シート

  • 商品棚には読ませるPOP

”PLAY常設コーナーにご興味のある方はこちらまでお問い合わせください。
TEL:03-5619-1581
Email:biz@cast-japan.com

最新記事
展示会:EXTRA PREVIEW
新商品:“PLAY THINK アメリカの脳トレThinkFun(シンクファン)社より大ヒット新ゲームが続々登場!
“PLAY常設コーナーは、コト(体験)を売る。
Archives
2018年10月(2)
2018年9月(5)
2018年7月(2)
Categories
NEWS
TOPICS

Copyright © 2017 CAST JAPAN all rights reserved.

PAGETOP